<トリケラトプスにさわりたい/a>

トリケラトプスにさわりたい

主にアニメについての感想を書いてます

スマホゲーム「ひぐらしのなく頃に命」感想/こんな人におすすめ!

f:id:whitebear86:20201211202325p:plain

どんなゲーム?

2020年9月3日にリリースされたひぐらしのなく頃に初の完全新作スマホゲーム

ゲーム内のシナリオは竜騎士07の原案協力による完全新規ストーリー!

↓以下あらすじです↓

昭和58年に発生した火山性の有毒ガスによって、住民約1200名が命を落とした『雛見沢大災害』から10年後の、平成5年6月――災害によって家族を失った少女、公由一穂は廃墟となった故郷雛見沢を訪れる。だが、そんな彼女の目の前に立ちふさがったのは、見たことのないバケモノたちだった。必死に逃げる一穂。そして絶体絶命の窮地に追いやられたその時、自らを神と名乗る不思議な存在『田村媛命』が現れる。彼女によってバケモノ――『ツクヤミ』と戦う力を手に入れた一穂は、その導きに従い古手神社の祭具殿へ。そして、言われるがままに祭具殿へと入った一穂を迎えたのは、懐かしくも切ない――平和な頃の雛見沢だった。 

引用:ひぐらしのなく頃に 命 公式サイト

 新キャラ3人を紹介

公由一穂

本編でおなじみの公由喜一郎村長の孫娘、大災害で家族全員を失い現在は寮生活を送っている。雛見沢の祖父の家からあるはずのないポケベルの着信があり雛見沢にもう一度足を運ぶことを決意する…

f:id:whitebear86:20201211141849p:plain

©2020竜騎士07ひぐらしのなく頃に製作委員会

赤坂美雪

本編でおなじみの警視庁公安部に所属する刑事赤坂衛の娘、リカの忠告により東京に帰り無事であった妻から生まれた娘。あることを目的に雛見沢を訪れる…

f:id:whitebear86:20201211141902p:plain

©2020竜騎士07ひぐらしのなく頃に製作委員会

鳳谷奈央

東京からやってきた謎の少女、第3章までしかプレイしていないのでまだどんなキャラクターなのか明らかになっていないのですが髪の毛の色がレナと同じなのでレナの親族ではないかと予想しています。

f:id:whitebear86:20201211141857p:plain

©2020竜騎士07ひぐらしのなく頃に製作委員会

感想・おすすめな点

雛見沢大災害が起こった後の世界の物語、平成5年を生きる上記の3人がひょんなことから昭和58年の6月にタイムスリップしてしまった3人が世界の謎に挑む物語です。

この世界の雛見沢では夕刻になるとツクヨミと呼ばれる謎の怪物が出現し、魅音ら部活メンバーはこの怪物をロールカードと呼ばれるカードで撃退することが部活の活動内容になっている。

いろいろつっこみどころはありますがストーリーはまずまず面白いです、最初のほうはあんまりかもしれませんが徐々に面白くなってくるので辞めずに続けてみてください!

f:id:whitebear86:20201211141909p:plain

©2020竜騎士07ひぐらしのなく頃に製作委員会

・ストーリーパートでのCVはなし

戦闘やカードをタッチすることによりキャラは喋ってくれるのですがストーリーパートではボイスは基本的に無しです、基本プレイ無料のスマホゲームなので仕方はないのかもしれませんが新規ストーリーなのでボイスがあると臨場感もあってもっとよかったと思います。

・鬼石はそこそこもらえるのでガチャは無課金でもできる

1ヶ月ほど前からなんやかんやでプレイしているのですが鬼石と呼ばれるガチャを引くのに必要な魔法の石は無課金でも結構もらえるので最高レアリティのSSRも複数枚手に入れることができます。さらにこのゲームはレアリティが高くてもカードのレベル上限がプレイヤーレベル上限までと決まっているので高レアリティ=最強、弱レアはゴミ

の図式が必ずしも当てはまるわけではなく、好きなキャラのカードをずっと使っていくことができる点も評価できるポイントだと思いました。

・4章現在 前原圭一がまだ出てこない

上記の新キャラ紹介の画像で分かるかもしれませんが彼女らの背景に写っているのはおなじみ前原邸です。彼女らがいる代わりに物語パートでは圭一の登場はないのでしょううか?もしそうだとすると寂しいですね…

f:id:whitebear86:20201211141914p:plain

©2020竜騎士07ひぐらしのなく頃に製作委員会

こんな人にオススメ!

ひぐらしのなく頃にの原作物語が好きな人

ひぐらし」作中に特定の好きなキャラがいる

歴史が浅いスマホゲームの中で頂点を極めてみたい人

本作では原作未プレイの人には話が全く分からず面白さが半減してしまうと思うのでプレイしようと思っている方はぜひ原作(ゲーム、アニメ、小説etc)を体験してからプレイしてみてくださいね!

以上最後までお読みいただきありがとうございました(__)