<トリケラトプスにさわりたい/a>

トリケラトプスにさわりたい

主にアニメについての感想を書いてます

トヨタ86の維持費を計算してみました!意外と安い!?

車大好き人間の僕が今回はマイカーであるトヨタ86の維持費、購入金額、時期型について語ってみました!

 

f:id:whitebear86:20200910170751j:plain

月々の維持費はいくらになった?

ローン ¥36200×23ヶ月分

任意保険料(3年契約) ¥14850×36ヶ月分

自動車税 年間¥39500

車検代(2年に一度)¥100000(およその想定)=1年に¥50000

タイヤ代 dunlop dz102 ¥100000(5年使うと仮定し1年で¥20000)

ガソリン代 1年に約8000キロ走行 燃費ℓ12km/L、ガソリン代¥135で計算 ¥89910

駐車場代 ¥0

修理代 未定

 

以上の金額を年間で計算すると 総額¥812010

月割で計算すると¥67667 という結果になりました。

 

手取り¥170000と考えるとおよそ月収の3分の一をトヨタ86につぎ込んでいることになりますね(笑)

ほかにも僕はカスタム/ドレスアップが好きなので色々なパーツを買ってはつけています、1年でと数か月でカスタム代にこれだけ使っています↓

         f:id:whitebear86:20210111200302p:plain

トヨタ86/BRZは維持費として気になる点はガソリン代が同クラスのエコカーに比べて高いぐらいでほかはプリウスなどと大きくは変わりません!やはり車は維持費がかかりますね(;^ω^)

購入金額はいくらかかる?

新車か中古か

新車では

中古車サイトの情報によればトヨタ86の平均価格は212.8万円であり価格帯は82~745.2万円です。前期型であればだいたい200万円ほど出せば低走行でまずまずの個体を購入することができます!

ちなみに僕の購入した86の値段、年式、走行距離はこんな感じです↓

¥1839090 走行距離 約43000km 6MT 2012年式(A型)修復歴なし

中古では安い値段で購入することができますが故障のリスク、下取り価格が低くなるなどのデメリットも存在します。すでに生産が終了しているマツダのスポーツカーRX-8にを例に挙げると最初期の2003年式の個体が最安値67.2万円で販売されているのに対して最後期の2012年式の個体は最安値110万円とおよそ2倍近く金額に開きが出ています。

さらにこの手のスポーツカーは今後台数が減っていきプレミア化されることも予想されますがs2000、rx8などの過去モデルを見ても大きく値段が跳ね上がるのは多くは生産終了直前の最後期モデルの低走行個体or限定車であり、比較的初期に生産された個体はあまり値段が上がらないことが多いです。上記の事を踏まえてリセールスバリューを考えると新車での購入に軍配が上がるのではないかな?と個人的に思います。

ex)スバルBRZはすでに生産が終了しており時期型の情報が公開されています、1月10日現在トヨタ86はまだ販売中ですがまず間違いなく近くに生産が終了してしまうことが予想されます。現行型のトヨタ86を新車で入手することができるのは今がラストチャンスです!

さらに新車ではトヨタ86の場合は内装のレザーを好きな色に選んだり多くの種類があるボディーカラーから選ぶことができる点も忘れてはいけません!

中古の場合は前期か後期か

またトヨタ86には前期、後期があり2016年8月以降が後期型、それ以前は前期型となっています。これから購入される方は様々な改良が加えられた後期型がオススメだと思います。後期型のほうが実馬力、トルクはともに向上しており内装/外装もブラッシュアップされておりより現代的でカッコイイデザインになっています。ですが車両価格を安く抑えてその分をカスタム代に回したい方には前期型もオススメです。

まとめ

 以上トヨタ86の維持費についてのご紹介でした!中古で購入後一年たちましたが今のところトラブルもなく維持できています、購入検討されている方の参考にしていただければと思います。次回はカスタム、ドレスアップについての記事を書きたいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました(__)

f:id:whitebear86:20210120184734p:plain