<トリケラトプスにさわりたい/a>

トリケラトプスにさわりたい

主にアニメについての感想を書いてます

新装版コミックス発売記念 頭文字Dに登場する車種&中古相場まとめ!

 

f:id:whitebear86:20201126205525p:plain

頭文字Dとは

頭文字D』 は、しげの秀一による日本の漫画作品。また、それを原作にしたテレビアニメと映画を指す。通称「イニD」[3]。『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、1995年30号から2013年35号まで連載された。

頭文字D - Wikipedia

ちなみに読み方は「あたまもじd」でも「かしらもじd」でもなく「イニシャルd」です!↓こんなコピペもありますよ

コミックス新装版が11/6に発売

連載25周年を記念して新装版(全24巻)が発売されました!しげの秀一先生の好評連載中の漫画「MFゴースト」もありますし、まだまだ勢いは止まりませんね!

initiald.bestcarweb.jp

登場車種&中古相場まとめ(第一部17巻まで)

藤原拓海(トヨタスプリンタートレノAE86型)

f:id:whitebear86:20201126191401j:plain

中古相場:本体価格89.9万円~ASK(カーセンサー掲載台数44台)

と総数がかなり少なくこの漫画の影響で相場が大変なことに・・・(ちなみに89.9万円の車両は竹内樹の愛車1.5リッターエンジンのAE85でした!)

高橋涼介(サバンナRX-7 FC3S型)

f:id:whitebear86:20201126191414p:plain

中古相場:118万~368万円(カーセンサー掲載台数38台)

RX-7といえばFC3S、ネオクラシックカーの筆頭ですね!

現在は市販されていないロータリーエンジンは一度運転してみたいものです。

高橋啓介(マツダRX-7 FD3S型)

f:id:whitebear86:20201126191420p:plain

中古相場:217万円~869万円(カーセンサーで掲載台数86台)

ロータリーエンジン搭載のピュアスポーツカーとして人気のFD3S、日本車最後のリトラクタブルヘッドライト搭載車であり美しいフォルムも魅力的!

池谷浩一郎(日産シルビア S13型)

f:id:whitebear86:20201126191427p:plain

中古相場:49万~428万円(カーセンサーで掲載台数42台)

デートカーとして当時名をはせたs13シルビア、今もなおドリフト車として大人気です!ターボモデルK´sとNAモデルのQ´sの2つがあります。

健二先輩(日産180sx

f:id:whitebear86:20201126191434p:plain

中古相場:89~376万円(カーセンサー掲載台数82台)

s13の兄弟車として展開されていた180sx、s13と違いリトラクタブルヘッドライトが採用されています。180sxにs13を移植したシルエイティ、ワンビアなどもありましたね!

中里毅(日産スカイラインGT-R BNR32型)

f:id:whitebear86:20201126191444j:plain

中古相場:298~1699万円(カーセンサー掲載台数62台)

GT-R復活として大きな話題を呼んだBNR-32型GTR、電子制御システムアテーサETSにより曲がる四駆を実現。RB26エンジンは今もなお語り継がれる名機です!

庄司慎吾(ホンダシビック EG6型sirグレード)

f:id:whitebear86:20201126191450j:plain

中古相場:89万~228万円(カーセンサー掲載台数22台)

レースで培った技術を市販車にフィードバックしたVTEC機構を備えたB型エンジンが特徴、軽量コンパクトな車体と至高のエンジンフィールが魅力的!地涌はeg6ではタイプRグレードはまだありません。

 須藤京一(三菱ランサーエボリューションⅢ CE9A型)

f:id:whitebear86:20201126191457p:plain

中古車価格:98万~425万円(カーセンサー掲載台数4台)

ランエボ第一世代最終型となるエボⅢは掲載台数は4台の超希少車種!ほしい方は即行動したほうがいいかも!?フロントの大型のダクトがかっこいいですね。

岩城清次(三菱ランサーエボリューションⅣ CN9A型)

f:id:whitebear86:20201126191505p:plain

中古車価格:135万円~223万円(カーセンサー掲載台数4台)

ついに最高出力280馬力となったエボⅣ、5ナンバーサイズのランエボとしては最終型となります、少し前までは中古台数の球数もたくさんあった印象ですが掲載台数は4台のみとなってしまっていました、その理由は下記に記載。

まとめ

下記の理由で製造から25年が経過すると日本のスポーツカーは海外へと輸出されて中古相場は高騰し中古車台数は急激に減少してしまいます。日本のスポーツカーが海外でも乗られているのは嬉しいことですが日本から過去の名車が続々と消えていってしまうのは複雑な気持ちですね。

www.qsha-oh.com

頭文字Dは僕が車が好きになるきっかけとなった漫画の一つです!読みやすく面白い漫画なのでぜひ一度読んでみてください、きっと車が好きになると思いますよ(^^)v

また一般道での運転はくれぐれも安全運転でお願いします(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました(__)